トヨタTS020 その2


どうもキシダ模型でございますm(__)m

今日から一週間のスケジュールです

5/16(木) 通常営業(ガラガラ) 5/17(金) 通常営業(ガラガラ)

5/18(土) 通常営業(ちょっと混むんではないかな・・・という期待) 5/19(日) 店休

5/20(月) 通常営業(超ガラガラ)

5/21(火) 通常営業(激しくガラガラ)

5/22(水) 通常営業(同上)

・・・

以上、よろしくお願い致しますm(__)m

さて

昨日に引き続きまして、トヨタTS020について書きたいと思います

デザイナーはアンドレ・デ・コルタンツ プジョー・タルボ・スポーツでGr.Bラリーカーの205ターボ16や92年、93年のルマンを制した905を設計した人物であります。


プジョーを離脱後、TTE(トヨタチームヨーロッパ現TMG)主導で行われたルマンプロジェクトにTTE代表のオベ・アンダーソンに誘われ加入します。

ちなみにコルタンツさん在籍時のプジョーの監督は現FIA会長のジャン・トッドだったのですが、オベ・アンダーソンはジャン・トッドと組んでラリーに出ていたこともありました。

当時のスポーツカーレースの車両規定GT1では、公道走行可能な1台を製作してラゲッジスペースを設けないとダメですよ。ただし、ラゲッジスペースに燃料タンク置いてもいいよ という項目があったのですが、コルタンツさんはコクピット後ろをラゲッジスペースとし、そこをまるっと燃料タンクに使ってしまうという荒業を駆使してTS020をデザインします。

TS020の設計・開発は97年からスタート。 他ワークスのGT1カーがどこなく市販車の面影を残すような車だったのに対し、上記のような荒業を駆使して、かつての純レーシングプロトタイプのグループCカーのような車ができあがります。


↑98年のルマンでTS020と同じく出場したメルセデスCLK-LMとポルシェ911GT1


トヨタTS020(98年ルマン)

ぱっと見で比べても、TS020はよりレーシングプロトっぽいスタイルですね(^^;

今日はここまで、次回は98年ルマンのお話をしたいと思います

それでは、本日もまたーりと営業しておりますので

ご来店、お待ちしております!

したらねー( `・∀・´)ノ